FC2ブログ
Recently
Archive
Category
Link
Profile


欠乏と忘却

にしすがも創造舎でやってる
遊園地再生事業団の‘トータルリビング1986-2011’という舞台を観てきました。
衣装をPOTTOの山本氏が担当しています。
身内の仕事ながら、とっても素敵でワクワクしました。
6252832356_d7ed9da6da_m.jpg
1986年、
バブルの時代、
アイドルの自殺とチェルノブイリの事故が起こった年、
幸せな時代なようで、どこかが欠乏していたような時代。
それと2011年、
大震災と原発事故が起こった。
この2つの時代を対比的に見せているようでいて、
だけども観てるうちにどっちの時代なのか良く解らなくなってきたり、
そもそもなんの事言ってるのかも観ててわからなくなる舞台でした。
観る人によって感じ方が全然ちがう舞台、
私は観終わった後、すぐには面白い!とは思えなかったけど、
日常生活に戻ってからもジワジワと舞台の事を考えて、
できればもう一度観たい、と思ってきました。
震災の事もテーマにしているんだから、
そんな解りやすい舞台にはならないかも、
宮沢章夫さんの作品ですもん。
感じる、疑問を持つ、省みる、考える、そんなきっかけをくれる舞台。

でもいい舞台!と思いました。
衣装も良かったですよ。
私は欠落の女の服が欲しい!

残すは24日(月曜日)までです。
当日券もあるみたい。
http://festival-tokyo.jp/program/TotalLiving/


2011.10.21(Fri) - LIFE





/