FC2ブログ
Recently
Archive
Category
Link
Profile


アトピーの話の続き

私達の赤ちゃん、野木が生後3ヶ月になるちょっと前から乳児湿疹が治らなくって、
小児科で重度のアトピー宣告されたり、
漢方やったり、ホメオパスにかかったり、って話のまた続き、
皮膚科の権威のいる愛育病院に紹介状もらったものの、
予約取れたのが2週間後!
顔真っ赤だしジュクジュクしてるし、2週間も待つなんてどうしたもんかねぇ、ってなって、
ひとまず近所の皮膚科に行ってみる事に。
弱いランクのものだったけど、ロコイドっていうステロイド剤を処方され、
何だか、‘ステロイド剤は嫌!’って事にこだわったから余計こんがらがっちゃったのかも、って反省もしてたんだけど、
ここにも来て‘やっぱりステロイドじゃなきゃだめでしょうか??’なんて言ってみたりして。
‘お母さん、ステロイドは上手に付き合えば怖くないですから、’なんて先生。
人付き合いだって苦手なのに、ステロイドとうまく付き合う自信なんてないっすよ、私。
とりあえずこれ塗ったらキレイになるの解ってるけど、
また止めたらまた湿疹でるのも解ってるのよ。
そんな時はどうしたらいいのでしょう??
‘そしたらまた薬を塗ればいいんです!’って堂々とおっしゃる先生。
うーーーーーん。

赤ちゃんのアトピーは成長するにつれて、段々と肌も胃腸も強くなって、
ステロイド剤を使いながらも、ほとんどの子が治るらしい。
ほとんどって9割くらい。
でもね、私みたいなミセス・ネガティブシンキングにとっては、治らない1割の方にスポットライトを当ててしまうの。
10人いたら1人、
100人いたら10人、
1000人いたら100人、こりゃ入るよ100人に....。
1割の子はステロイドとかの影響でアトピーが難治化して、治るものも治らなくなってしまうらしい。
そりゃ困るよ。
結局三日間ステロイド塗ってみたけど、
ビビり過ぎて中途半端に塗っちゃったから治りそうで治らない。
やっぱり上手く付き合う事ができそうにないよ。

またもや行き詰った感のある私達は
本屋さんでこの本を買い、
どこに行っていいのか解らなくなっていたので、
バカみたいだけど、この著者の皮膚科に行ってみる事に。
合うと思う先生に出会うまでは、もう何軒だって行ってみる覚悟なんだから。
アトピー治療革命―取りもどせる!健康肌アトピー治療革命―取りもどせる!健康肌
(2004/04)
藤沢 重樹

商品詳細を見る

朝から電車に乗り継いで皮膚科に行って、先生ってば、会った瞬間
‘なんにもしなきゃこんなの治るんだから~~’って、
とにかく私が心配し過ぎない事、
赤ちゃんには全部伝わっちゃうんだから、
明るく、前向きにって、
先生と話してて、とっても気が楽になれたから、
もうこの先生を信じていこうと。
ちなみにここはステロイド剤を使わない方針の先生なの。
って事で皮膚科界の権威にもお会いしたかったけど、
愛育病院の予約はキャンセル。
でもとりあえず、‘なんかいい感じ’の先生に出会えてほっとしたよ。

今回のアトピー騒動で思ったんだけど、
保湿が命、って言ったり、保湿はしちゃダメ、って言ったり、
石鹸で毎日洗って清潔に、って言ったり、石鹸はだめ、っていったり、
ステロイドを肯定したり、否定したり、
先生によって言ってる事が真逆だから、
この人!って思える先生に出会うまで親としては何軒でも病院に行くべきなんじゃないかって。
親が迷ってたら、赤ちゃんは安心できないもんね。

ってことろで、また長くなってきたので、
野木のアトピートークは次回に続きます。
しつこいね。
そりゃしつこいさ、必死だもの。


2010.03.21(Sun) - LIFE





/