Recently
Archive
Category
Link
Profile


ナナロク社

うーちゃんの心臓手術で入院する日、
入院の荷物をあれやこれや準備していたら、
荷物が届きまして、
お会いした事もない方なのですが、
私たち家族の事を気にかけてくださって。
不安も沢山あるなかで、
お腹の真ん中辺りがポッと温かくなりました。
‘のきくんへ おるすばんがんばってね’
ママと弟がいない間、何度も何度もこの絵本を読んでもらって寝てたそうです。
20150224134813080.jpg
それから私の入院のおともにって一緒に送ってくださった
ナナロク社の本、2冊。
なんだかね、うーちゃんと出会ってから私、
ちょっとした事で感動したり、
胸が熱くなって涙腺が緩むようになってしまったのです。
この本たちも、もうとても素晴らしくて。
20150224134811acc.jpg
おやすみ神たち、は谷川俊太郎さんのタマシイの詩と川島小鳥さんの写真たち。
本の装丁もとっても愛情深くて、
一冊を眺めると、なにかどこかへ少し行って体験したような感じになる。
もう一冊の方は、
筋ジストロフィーという難病の岩崎航さんの詩の本。
この本に関してはちゃんと感想を書かないと、と思ってるんだけど
まだまだ圧倒されて私の言葉では追いつかない。
今も読み返したらまた涙腺がゆるゆる。
うーちゃんからの縁で、病気を持ったり
成長がゆっくりの子を持つ親の言葉は色々読んだり
聞いたりしてきたけども、
病気と生きている本人の言葉や思いをあまり聞く機会はなかったなぁと、
いう感想と、感動と。
弱くて強くて美しいです。

本からも、のきも私も励まされたけども、
遠くから私たちの事を思ってくださる方がいる、という事も
とても大きな励ましでした。


2015.02.24(Tue) - LIFE





/