Recently
Archive
Category
Link
Profile


雛形

雛形という色んな方向から移住をテーマに取り上げた
なんだか楽しげでオシャレな雰囲気のフリーペーパーが
なんと、POTTOを取材してくださって、
はるばる岡山までフォトグラファーを連れて編集の方が来てくださった。
ああ、なんとも嬉しい一日だったなぁ。
というのも、編集の女性、
恵比寿のPOTTOSHOPにいらしてくださっていた方で、
お顔を見た瞬間から、
なんかもう嬉しかった!
20180222131918f2d.jpeg
フォトグラファーと服があるのにモデルがいない、
ってことで私がPOTTOの服を着て撮って頂きました。
申し訳ない。
真ん中がフォトグラファーのパトリックさん。

移住したけども、
東京にいた時とあんまし意識も変わってないし、
畑もやれてないし、
休みの日はイオンにも行くし、
暮らしの愚痴も多めだし、
こんなんで記事になるのかな。
ボツになったらごめんなさいね。
でも私は編集のよしみちゃんとパトリックさんと過ごせたこの日が
とても嬉しかった。
POTTOが載っても載らなくても、
雛形楽しみにしております!
https://www.hinagata-mag.com


2018.02.22(Thu) - LIFE


キッチン用洗剤

友達はミニタオルだけで洗剤もつけずに食器洗いしてるって言ってたし、
シリコンのヘラみたいなので汚れを取ってから、同じく洗剤つけずに洗うってのも聞くから、
工夫したら洗剤なしでも十分なんだろうけども、
近頃食器洗いはこの緑の魔女に落ち着いてる。
前は固形の石鹸で洗ってたけども、
岡山の田舎ではプロパンガスのガス料金がうんと高いもんで、
頑張って少しのお湯だけ使って、
あとは水で食器洗いをしてるから、
油汚れや魚やニンニクの臭いをうまく洗い流したくて。

洗濯も緑の魔女ランドリーだったり、
アルカリウォッシュだったりで落ち着いた。
2018022115525932e.jpeg
排水がそのまま溝を通って川に流れるから、
なるべく生態系に負荷をかけないものがいいなぁと思うんだけど、
これは大丈夫なんだろうか、と迷い迷い。


2018.02.21(Wed) - LIFE


夢のウォークインクローゼット!

物心ついた時から
ファンシー文具やファンシー雑貨に目覚めてしまい、
その後もお洋服や小物に目がなくて、
そのまま大人というか、おばさんになってしまいました。
東京で暮らしていた時は
着なくなったお洋服をその都度あげたり売ったり捨てたり
循環しようと思っていたけども、
岡山に来てからは、
なかなかトキメクお洋服を買う機会が減ってしまったもんで、
なかなか減らさない。
なのに、今のお家は元温泉民宿だからか、
押入れが少しあるだけで収納少なめ。
ああ、憧れのウォークインクローゼットさま。
近頃じゃ食材のストック場所のパントリーってものだって、
オシャレなおうちじゃあるっていうじゃないの。
ウォークインクローゼットもパントリーも
今世では夢の世界だと思ってました。

でも、我が家での陽の当たらない6畳の元和室を
我が家のウォークインクローゼット&パントリーにしようじゃないか!と
物を捨て下手、収納下手、
インテリアセンスが低めの私の逃げ道にさせていただきました。

山本くんが棚やラックなど、
クローゼットをDIY。
これ、絶対入らないよ、という私に対して、
20180216155147bf7.jpeg
いや、入るでしょ、
と強気に枠組みを作った山本くん。
これこの奥の部屋に入らないでしょ。
20180216155144726.jpeg
ところがどっこい、
この後、逆さにして斜めにして無事に入ったのでした。
憧れのウォークインクローゼットとパントリーと
私のドレッサールームに、
この陽の当たらなかった暗い元和室が、
夢の場所へと改装中。


2018.02.16(Fri) - LIFE


MUTTEで

東京の友人から、
岡山のMUTTEというお店で
tmh.の展示販売をやっていて、
デザイナーさんも店頭にいる日があるよ!という情報を頂いたので、
MUTTEという、
でーれーオシャレなお店が岡山にできたとは聞いていたけど、
なかなか行く機会がなかったもんで、
やっと行けました。
想像と違って、裏通りにひっそりとあるお店。
良いものを知っている人が、
こんなにいいんだよ、と教えてくれているようなお店。

この期間はtmh.の商品やジュエリーがたっぷり!
やはりとても素敵。
20180215134308ea2.jpeg
ダイヤが内側にあるリング。
前にダイアモンド紛争の事なんか知ったり聞いたりした時は
ダイアモンドのジュエリーなんてって、
アンチな気持ちを持ったりもしたけど、
今は綺麗なものに憧れてしまう気持ちと、
少しなら大切な特別なジュエリーとして持ちたい気持ちとで、
肯定的に感じている。
色々と知ろうとする事から遠ざかってる日々にいるだけかもしれないけども。
でも私は古田さんのジュエリーが美しくて、
本物を目の前にとても気持ちが嬉しくなりました。
20180215134308453.jpeg
店内はインスタ映えする空間なのに、
私が撮るとそこまでインスタ仕様にならないのはなんでだろう。
同じ恵比寿時代からの知り合いのデザイナー古田さん、
お久しぶりでしたが、素敵でした。
また岡山に来てね!
20180215134308b57.jpeg


2018.02.15(Thu) - LIFE


さむっ

さむっ、って、
そんなもんじゃない。
ざむっっ、とか、さみぃーーーーーーとか、
寒いのもっと上行く寒さ、
体感がやばいです。
北国暮らしの方、心から尊敬します。

そして、呑気に夕方保育園と学童の子らを迎えに行って、
POTTOのアトリエから北区の自宅に帰宅、
そして、お風呂の支度、
そしたらびっくり、
この寒さで蛇口が壊れて水が大噴出してるじゃないの、
もう水が止まらない。
止めるなら家の外にある水道の元栓を閉めて、
そしたら、もうどこの蛇口をひねっても
トイレのレバーをひねっても
水は全然流れません。

震えながら外に出て再度元栓を開けて
お風呂の中では水が大噴出してる間に
一時使う分の水を溜めて、
また元栓を閉めて生活して、
この日はパスタを作る予定が、
いつものようには食器も洗えないから、
質素なご飯にしたり、
こんなんだったら、ぼっとんトイレの方が信頼できるなぁ、なんて思ったり、
避難所生活の方、本当に大変だなぁと思ったり。
とにかく、お水の有り難みを再認識。
201802091414521f1.jpeg
お風呂のお湯を溜めていたら、
中で溺れて虫がよく死んでいるから、
お風呂から出たらすぐにお湯は流していたんだけども、
今回、水の有り難みを痛感したから、
いつ何があるかわからないって、
お風呂の水は次に溜まるまで取っとく事にしました。

そして、水道の蛇口が壊れた次の日の夜、
交換に業者さんが来てくれて、
普段の生活に復活。
ああ、トイレの水が流れるって有難い。
201802091414501d2.jpeg
この極寒の中では、
お風呂の窓を開けたままにするのは
こういう事になっちゃうからもうやらないでね、って。

とにかく、家の中にも寒波がやってきてるけども、
水やガスや電気なんかのライフラインが通っている事に
改めてものすごく幸福感を感じる出来事。


2018.02.09(Fri) - LIFE


サラバンドの方がお得!

いつもかっこいい靴やバッグを作るNIRの上村さんが、
おいしいとお気に入りの長野のお菓子を送ってくださって、
食べたらホント美味しい!
硬めのウエハースみたいなお菓子で、
でもなんか食べたことあるの、
なんだろな、
なんだろな、って、
やっと閃いた!
「雷鳥の里」ってどこかのスキー場で売ってて
ファンだったあのお菓子と同じ味!
こちらはサラバンド、おんなじ味よ。
20180205162556fe3.jpeg
あんまり美味しくて、
私たちもこれから年1くらいでお取り寄せしたいと計画中。


2018.02.05(Mon) - LIFE


パンケーキミックス界

このパンケーキミックス界のBIG3が目の前にある光景よ、
これが永遠であってほしい。
それぞれに賞味期限もあるし、
作ってみたいし、食べたいけど、
そうしたら目の前からなくなってしまう。
あぁ生きるってなんて刹那的。
2018013113360722a.jpeg
勝手にBIG3だなんて呼んじゃったけど、
きっともっとあるよね、
バターミルクパンケーキミックスって大っきな袋のコストコに売ってたやつも
きっと美味しいだろうし、
九州パンケーキってのもそれはそれは美味しかったし、
絶対、私が知らないだけですごいのってもっとあるよね。
鎌倉のロングトラックフーズのはまだ食べた事ないけども、
この新潟のマリールゥのは
過去にも頂いたことがあって、
なんとすごいパンケーキミックスか!って
感動して目頭が熱くなったよ。
シンプルな材料のパンケーキミックスに、
豆乳と少しの油を混ぜるだけなのに、
なんとまぁ、こんなに美味しいものになるんだろう。

それから、このおやつミックスをベースに、
なかしましほさんの色んなおやつができてしまうっていう
このパンケーキミックス、
とうとう賞味期限の兼ね合いで、
パンケーキとして焼いてみた!
ああ、おいしいよ、しほさん!
これはバターミルクパウダーもミックスの中に入ってるのが
他との違うところ。
20180131133605533.jpeg
これにメープルバターを塗って食べる幸せ。
岡山の田舎暮らしでも美味しいものはお家でできる、なんて
思いながらも、
ふと都会じゃ今なにが流行ってるのかなぁなんて
遠い目もしたり。


2018.01.31(Wed) - LIFE


土が出た!

お家の裏の空き地は荒地もいいところ。
荒れ放題の広い土地。
こちらは、よそ様所有の放ったらかしの土地なんだけども、
昔々に、草刈りとか手入れを放棄する為か、
畳を捨てる為か、
古畳を全面に敷き詰めたらしく、
それから何年も経って、藁の部分は朽ちたものの、
ナイロンのテグスや発泡スチロールや、化学繊維のものは複雑に残り、
その上から草木は覆って、
草刈りすると草刈り機にテグスが巻きつくわ、
もう本当に厄介なところ。
201801191343556fe.jpeg
夏の風景、
この草刈りしてる左手の一段高い土地。
20180119134423d4e.jpeg
よそ様の所有の休耕地だけども、
ずっと放ったらかしでボーボーで、
夏は子らが遊んでマムシも怖いし、
キッチンから毎日見えるこの景色が気持ちいいものだといいなぁと、
ちょっとずつ、草を取ったりはしてるんだけども、
201801191343578a8.jpeg
本当に、この生い茂った草木のそのまた下の古い畳が厄介者!
負の遺産以外の何者でもないと感じてしまう。
201801191343542dd.jpeg
セイタカアワダチソウや、ススキや色んな強い植物と
ビニールやテグスや蔦や、虫や土や、もう色んなものが絡まり合って、
草を鎌で刈って、
残った畳部分を除いてって、
私にはかなりの重労働。
201801191343522fe.jpeg
でも、
下からフカフカの土が出てくると、
なんとも言えない嬉しさがある。
それから冬でも太陽の元で労働する気持ち良さも。
20180119134353173.jpeg
何年かかかると思うけど、
ちょっとずつここの大地を再生させてみたい。
そして私の暮らしのすぐ横のこの土を借りて
食べるものや、お花やハーブを育てたいってのが
今の私の夢のひとつ。


2018.01.19(Fri) - LIFE


名古屋のMIROKU COFFEE

ひょんなことから知って、
すっかり岡山からファンになっていた
名古屋の自家焙煎の珈琲屋さんMIROKU COFFEEさん。
なんと、焼き菓子も始められたとかで、
今回、コーヒー&グローブと、
ピンクペッパー&バニラクッキーを頂きました。
私、普通の主婦的な感覚ではお菓子に入れないであろうスパイスやハーブを
お菓子に入れて作る世界に憧れているので、
甘さ控えめで珈琲に合うこのクッキーたちの美味しさに
改めてMIROKU COFFEEさんのファンになりました。
てんさいシロップ、米油、全粒粉、って素材を見ても嬉しくなるし、なにより後味まで美味しい。
20180117142625bd3.jpeg
どんなお店か知らなかったけど、
こんな移動式のお店でした。
201801171426245d4.jpeg
ファンになったきっかけは、
このそれぞれの豆についての味や農園や品種のコメント、
それぞれの標高まで書かれてる!
珈琲って大人の魔法の飲み物みたいに思ってるけど、
もともとは農園でなる植物なのねって思い出させてくれる。
珈琲の微妙な味や香りの違いにそこまで敏感じゃないけども、
こうやって教えてくれていると珈琲の世界の楽しみがわかりそう。
20180117142626db9.jpeg
袋を開けて、
毎回ついついそのままポリポリと豆を食べます。
こうしてしまうのはここの珈琲豆くらい。
20180117142627ecc.jpeg
いつか、名古屋のマーケットかなんかで、
この青いトレーラーから直に
コーヒーと焼き菓子を買ってみたいな。


2018.01.17(Wed) - LIFE


薪ストーブ〜

ああ、憧れの薪ストーブ。
我が家の家の中はほんとに極寒で、
1年のうち4分の1くらいの期間は修行の日々。
家の中の石油ストーブの前でも凍えそうになるので、
近くの日帰り温泉へ駆け込んで暖をとったり。

気密性のない古いお家だから、
薪ストーブ入れても結局は寒いよ、という噂を耳にはしたけども、
やっぱり憧れの薪ストーブ。
POTTOの山本くんは、
服を作る時間を削ってまで薪割りをさせられるんじゃないかと、
田舎暮らしはOKでも、
薪ストーブ導入には慎重派。
ま、まずは薪ストーブ貯金をしなきゃ入れられないんだけど。

ああ、薪ストーブがほしい。

みんなでピザ焼いて食べてるから良ければ来ない?ってお誘いに
駆けつけたら、
なんと、薪ストーブでピザ焼いてるじゃないの!
ピザはカリカリの生地でおいしいし、
子らはあったかくてタンクトップ一枚で遊んでるし、
新築のお家で窓はペアガラスで薪ストーブって、
こんなにも住む世界が違うんですね。
20180115160613f37.jpeg
練習して私だって薪を割るから、
近い将来薪ストーブ導入を夢見てます。


2018.01.15(Mon) - LIFE





/