Recently
Archive
Category
Link
Profile


リコロンさん追記

ひとつ前に記事をアップした京都リコロンさんのこと、
いつもはリメイクのミシンとかロックミシンとかアイロンとか
作業できるスペースは時間貸し、
毎週土曜日はアドバイザー在住で、
予約なしでいつでも来てもらったらいいそう。
染めのスペースは一着染めていくら、とかの設定だそうで
リーズナブルで気軽にできる感じでした。
20160122103221cab.jpg
山本くんが滞在中、
リメイクの相談や作業でお客さまはいくらなの?と聞くと、
アドバイスはタダ、
それで自分で作業してくれるならお金はいらない、
僕がほとんど縫うなら応相談、と。
例えばTシャツリメイクワンピースが作りたい、と行くと、
Tシャツ以外の材料を持ってなかったらいくら?
持ってたらいくら?
と詰め寄りましたが、
はっきりおいくら、とかどうやら決めてないそうで。
多分、とても良心的にチクチクやりましょう、という感じらしいです。
作業場所の使用料は多少いるのか、
その辺りもまたハッキリ聞いておきます。

今後、自由な個人的リメイク相談、アドバイス、レクチャーに加えて、
料金体制が明確なワークショップもやっていく、と言うもんで、
今後ともどうぞよろしくお願いします。


2016.01.24(Sun) - リコロン


京都 リコロンさん

当日のお知らせでほんとにすみません。
リメイク達人、
リメイクの魔術師と評判のPOTTO山本くんが
月に一度、京都のリコロンさんへ行って、
一日リメイクアドバイザーをしております。
そして1月22日金曜日もその日でござんす。
40年に一度の寒波と共に関西地方へ向かってます。
手持ちのお洋服のリメイク、
こうしたいんだけど、さっぱりわかんね、とか、
なんかリメイクしてまた着たいけど、
どうしたらいいかわかんね、とか、
ちょっとここだけプロに縫ってもらえませんか?とか、
様々な、あなたのわがままにお応えします。

リコロンさん、Re:と書いてリコロン。
衣料再生プレジェクトのレンタルスペース、
草木染めで染めたり、ミシンとハサミでリメイクしたり、
シルクスクリーンでオリジナルの版を作ってプリントしたり、
夢のようなスペース。
ふぅ、京都いいなぁ。
20160122103221cab.jpg
超すごいミシンがあるし、
リメイクの魔術師もいるし、
洋服が生き返る!
ちょっと手を加えると本当に洋服が生き生きするし、
洋服へ対する自分の気持ちも愛情も変わるし、
着た時にちょっとだけ自信がついたような気分にしてくれたりする。
着るものって不思議ねぇ、
20160122103225d4b.jpg
私はまだ行ったことないけど、
京都に住んでたら、
自転車で通っちゃいそうだよ、リコロンさん。
20160122103224cd9.jpg
201601221032225a4.jpg
お茶とかもセルフなのかな?
その辺りはちょっと知らないんだけども、
沢山洋服持って行って染めたり縫ったり、
長居してください。
20160122103227d87.jpg
リメイクのアドバイザーは山本くんで、
プリントとか染めのアドバイザーはなんとスポークンワードプレジェクトの飛田先生です。
プリントはいいから今度サインしてもらいたい。
山本くんが不在の時もリメイクの達人の先生が
またまた優しく楽しくわがままにお応えするそう。

ファストファッションが出回ってる世の中、
こういう、物に対して手作業で
自分でなにかできる空間って
ものすごく大切な機会を得られるきっかけになるかも、と思います。
私も染めたい服を大量に持ってリコロンへ行きたい。
https://m.facebook.com/recolon.kyoto
https://t.co/TrRqBkmC45


2016.01.22(Fri) - リコロン





/